ブログ

美味しい肉じゃがを作るコツ|六献 飯田橋店

2017.03.22
美味しい肉じゃがを作るコツ|六献 飯田橋店
こんにちは、六献 飯田橋です。

 

定番の料理肉じゃが

家庭料理の定番の一つの肉じゃが。



その作り方は各家ごとに色々あると思います。

入れるお肉が牛肉だけの家庭もあれば、豚肉やベーコンが入っていたり、

いんげんの代わりに、さやえんどうや、グリーンピースだったり、

キノコやゴボウ、高野豆腐が入っていたりと使用する具材も違えば,

味付けもその家庭のによって様々です。

でも肉じゃがと言えば、ホクホクしてだし汁の風味がたまらなく、

美味しいジャガイモ、ニンジンそして味が十分にしみている、

お肉ではないでしょうか。

一見、簡単そうな料理に思えますが、未だに自分が作る肉じゃがに、

あまり満足できていない方も意外と多いのかと思います。

肉じゃがを美味しく作るポイントを上げてみたいと思います。

 

 

1.だし汁を作る

 

最近はだし汁無しで作るレシピも多い様ですが、やっぱりだし汁の味が、

ちゃんとしみた方が風味も増しておいしいです。

だし汁を作るのはそんなに手まではありませんので出来れば作ってみて下さい。

≪簡単だしの作り方≫

昆布5cmカットを水500mlの水に入れ沸騰させる。

だしパックに入れたカツオの削り節20gを入れ2分ほど煮立て火を消す。

5分後にだしパックを取り出す。昆布はそのままでOK。

後で美味しく食べれます。

 

2.素材には焼き色つける

煮込む前に、一度プライパンで素材の表面に焼き色がちゃんとつくように、

炒めます。こうすることによって、表面の旨味が増します。

また裏技ですが、全ての材料を炒め終えるとフライパンに焦げが残ります。

フライパンに少量の水を加え軽く沸騰させ木べらで表面を軽く擦り、

煮汁に加えます。これは、デグラッサージュと言うフランス料理では、

良く使われる手法で、フライパンについている素材の旨味を、

加える事になります。

 

3.煮込み過ぎない



強火で一気に火を通し短時間で調理する方法もある様ですが、

煮物は中火又は弱火でゆっくりを火を通してあげる方が、

素材の味が逃げません。

ぐつぐつ煮すぎると素材の味が逃げてしまいます。

 

4.さめてから1時間は置いておく

具材に味が染み込むのは温度が冷めてからになります。ですので、

出来てすぐに食べるよりか、一度冷めたものをしばらく置いておき、

味が染みるのを待ちます。

 

まとめ



ご家庭により作り方は異なるかとは思いますが、上記のポイントを、

抑えていく事によりいつもよりワンランク上の肉じゃがが出来ると思います。

是非、機会ががあればチャレンジしてみて下さい。

 

 



A5和牛を使った六献自慢の牛スジ肉じゃがはこちら
 

六献 飯田橋は飯田橋駅徒歩2分。都心には珍しい全席個室店です。

少人数個室から企業様の会食まで

対応できる個室(最大12名)をご用意しております。

朝捕れ鮮魚は、空輸で宮崎県から直送の仕入れ。

和牛は国産、A4ランク以上を絶対条件、

さらに割安な冷凍でなくフレッシュ(生)での仕入なので、

肉の旨み、肉の旨みが格段に違います。

しゃぶしゃぶ、すき焼き、炭火焼を用意。

日本酒は十四代,獺祭,飛露喜など仕入れ業者様との信頼関係で常備。

六献専属の利き酒師が厳選した地酒が常時20種以上ございます。

 

電話番号:

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Google+はこちら

 

六献 飯田橋PR担当でした。

 

飯田橋 和食 六献 飯田橋店のご案内

◆店舗名 六献 飯田橋店
◆住 所 東京都千代田区富士見2-2-12 KID’S-ビル2・3F
◆アクセス 地下鉄有楽町線 飯田橋駅 徒歩1分
JR総武線 飯田橋駅 徒歩1分
地下鉄東西線 飯田橋駅 徒歩1分
都営大江戸線 飯田橋駅 徒歩1分
1-minute on foot from Subway Yurakucho Line Iidabashi Station / JR Sobu Line Iidabashi Station / Subway Tozai Line Iidabashi Station / Toei Oedo Line Iidabashi Station
◆電話番号 050-5269-7507
◆営業時間 昼の部 12:00~15:00
(L.O.13:30、ドリンクL.O.14:30)
※お昼はコースのみの予約営業
夜の部 17:00~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
◆定休日 不定休日あり
GW、夏季休暇、年末年始